casino

議会での多くの議論の後、日本の首相はギャンブル施設の合法化を発表しました。おそらく、太陽が昇る国で開催される夏季オリンピックのために、2020年までに最初のカジノがオープンするでしょう。日本のメディアによると、この新しい法案は数十億ドルの投資を呼び込み、国の経済を復活させます。

アナリストは、日本がギャンブル市場で最大のプレーヤーの1つになり、近隣のマカオと真剣に競争することを示唆しています。今日、中国のマカオの利益は年間289億ドルであり、日本の専門家は同じ利益指標を頼りにしている。
ニューラスベガス東京
日本のラッキーデイズカジノデポジットボーナスなしインフラストラクチャは、アメリカのラスベガスと同様に組織されることが想定されています-ゲーム施設、ホテル、コンサートホール、劇場、アトラクション、展示ホール、公園エリアに加えて、エンターテインメントコンプレックス全体が構築されます。
日本のギャンブルゲームの歴史
以前の日本でのギャンブルは最も厳しく禁止されていたことを思い出してください。 例外は、競馬の結果、競争の懸賞、およびスロットマシンへの賭けでした。 同時に、スロットマシンの所有者は現行の法律を回避し、賞品としてお支払いし、後でお金と交換することができます。 このような法規制により、ギャンブル業界の大部分が影に隠れているという事実に至りました。 東京では、ホテルやマッサージ店の偽の看板の下でカジノを見つけることは難しくありません。
反対者と支持者:長所と短所
合法化の反対者は、国内でのルドマニアの急増があると主張しています。投票の際、抗議の手続きが始まる前に議員の中には会議室を去った者もいた。今日、1億5000万人以上の日本人がギャンブルへの情熱に苦しんでおり、これは現在禁止されています。日本人自身のためのギャンブル事業の正当性は、国家的大惨事に変わる可能性があります。

しかし、この法案はすでに下院で承認されており、最終的な採択は12月14日まで予測されています。

将来的には、カジノリゾートの運営に関する規制システムとスキームを開発する必要があります。日本の居住者は、観光客や裕福な外国人を引き付けるために、ギャンブル施設への入場料が支払われると想定されています。
外国のロビー?
国際的なギャンブルの懸念は、日本のギャンブル業界に投資する準備ができています。 MGMResorts、GentingSingaporePlc、MelcoCrown EntertainmentLtdは、多数のtischspieleでカジノライセンスの競争に乗り出しました。得られた経験に基づいて法律と規制を策定する委員会が設立されました。

今日まで、ゲームゾーンのあるリゾートが大都市や遠くにある場所は明確に理解されていません。法律とゲーミングゾーンの合法化の範囲は、国のリゾート地域のみであるか、ギャンブルのビジネス全体が影から抜け出すことができるかどうかを規制していません。

ライセンスシステムと立法規制を開発するために、多くの作業が残っています。太陽が昇る国の当局は、10年間長い間世界的な建設を行うでしょう。
この出版物のスポンサーは、サイトhttps://joypanda.jp/です。